えぎ眼科クリニック

つつじヶ丘:042-486-6286 仙川:03-5313-3065

流涙(涙目)とは | えぎ眼科クリニック

つつじヶ丘:042-486-6286
仙川:03-5313-3065

流涙(涙目)とは

流涙(涙目)とは

流涙

人の涙は涙腺から産生され、目の表面を潤してから目がしらにある涙点という小さな穴から吸い込まれ、涙道(涙小管・涙嚢・鼻涙管)を通って鼻腔に流れていきます。流涙とは産生された涙が涙道閉塞や狭窄で流れないか、または必要以上に涙が多く産生され、その涙が流れても涙道内で吸引率が悪いと結膜内にたまり、まぶたの外にあふれてしまうことです。

症状

原因

検査

治療

涙道閉塞や狭窄が主たる原因の場合の治療は手術が基本です。それ以外の原因では点眼薬の治療で改善するする可能性もあります。

1)涙管チューブ挿入術(日帰り手術)図①

鼻側の眼瞼内側に局所麻酔注射をしてから、涙管に細い針金(ブジー)を涙点から挿入後、閉塞部位を確認してからさらにブジーを進め閉鎖部を突破した後にシリコンチューブを挿入する手術。挿入したチューブは約3ヶ月後に抜去していきますが、術直後から日常生活が普通にできます。

図① 涙管チューブ挿入術

図① 涙管チューブ挿入術

図②涙道シリコンチューブ(LACRIFAST カネカ社製)

図②涙道シリコンチューブ(LACRIFAST カネカ社製)

2)涙嚢鼻腔吻合術(短期入院が必要な手術)

図③ 涙嚢鼻腔吻合術

図③ 涙嚢鼻腔吻合術

閉塞部位で涙管チューブ挿入術では改善を認めない例や涙管チューブ挿入術をしたが改善を認めなかった例に行う手術です。涙嚢から鼻腔への新しい涙道を作るバイパス手術です。
●当院では行ってない手術のため関連病院に紹介をさせて頂きます。

流涙をもっと知りたい

流涙とは?

お知らせ